ガレージロックを聴いてくれ

どうも、sasachi.です。

突然ですが皆さん、ガレージロックは好きですか?

みんなのガレージロック

ガレージロックと聞くと、結構いろんな反応をする人がいると思うんですよ。
「a flood of circle大好き」という人もいれば、「THEE MICHELE GUN ELEPHANTが解散したので日本のガレージは死んだ……」という人も。

ちなみに僕は、解散してからずいぶん後になってミッシェルを知り、「日本のロックは終わってしまった……」と思っていたものの、調べていくと今でも全然かっこいいバンドがあることを知って、活動中のバンドもたくさん聴いています。

日本のガレージロックといえば「THEE MICHELE GUM ELEPHANT」

もうこれは定番中の定番ですよね。
並木洋服店で仕立てたモッズスーツを着た4人組がやってるバンドが日本にはあったんですよ。

とりあえずこれ聴いてくださいよ。

こんなのがガレージロックです。これは代表曲「世界の終わり」。

いくつかおすすめを並べておきますね。

「バードメン」

「デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ」

ちなみにこのバンドはすでに解散していて、ギタリストのアベフトシはすでに亡くなっているので、このバンドの再結成はあり得ないという悲しい状況です。

ほかにもいいバンドいるぞ!

とはいえ、悲観する必要はないのかもしれません。

今活動しているバンドでも、素晴らしいバンドはたくさんいます。

紹介していきますね。

a flood of circle

粗削りなサウンドが特徴の、正統派ガレージロックバンド。
「ロックしたい!」という感情が伝わってくるような初期が特におすすめ。

「Human License」

Yellow Studs

完全無所属を掲げながら、音楽活動を続けているバンドです。
ジャジーな音が非常に癖になりつつも、重いサウンドとしゃがれ声が間違いなくガレージです。

「言葉にならない」

THE PINBALLS

最近メジャーデビューしたバンドです。
正統派なガレージロックに、中世風のドロドロとした歌詞という中毒性の高い音楽が特徴です。

「片目のウィリー」

まとめ

いかがでしたか。

今活動中のバンドの中にも、強烈なガレージサウンドを放つバンドはたくさんあります。
ぜひ一度聴いてみてください。

SNSでもご購読できます。