神崎丼アドベントカレンダー2017

どうも、sasachi.です。
今日は、神崎丼(knzk.me)内で開催されているアドベントカレンダーの当番日です。

神崎丼は、全体的にリテラシーが高い人が多く、どなたも非常に優しいので居心地がいいです。
LTLでの会話が盛んなので、全体の流れもつかみやすいと思います。

さて、最近僕はLoLというゲームにハマっているのですが、マストドンとLoLの親和性について独自研究した結果を発表します。

LoLとは

League of Legendの略

League of Legendという名前のオンラインゲームです。

伝説のリーグ

League of legendを直訳すると、伝説のリーグです。

伝説とは

伝説(でんせつ; 英語: legend; ドイツ語: Legende)は、人物、自然現象[1]等にまつわる、ありきたり日常茶飯事のものではない異常体験を[1]、形式上「事実」[1]として伝えた説話の一種。
(wikipediaより)

平たく言えば、神埼おにいさんがロデオマシンから転げ落ちながらもタイムラインをニコリ続けたりする、あれが伝説です。

リーグとは

連盟、同盟、連合といった意味の英語。語源は、「結ぶ」を意味するラテン語のligare。
(wikipediaより)

マストドンでいうなら、連合TLなんかがそれに当たります。

まとめ

つまり、League of Legendは人物や自然現象にまつわる異常体験を伝えた事実の連盟ということです。

マストドンで言えば、様々な伝説を持つ神埼おにいさんが君臨している連合TLがLeague of Legendです。
結構皆さんLeague of Legendを見たことあるってことです。

LoLの面白さ

最初は意味不明

LoLは、最初は本当に何をしていいかわからないんで、適当にやって行くしかないです。
はじめのうちは敵に圧倒されたり、味方に怒られたりします。

マストドンを始めた頃、いきなり全トゥートをお気に入りされたり、突然飛び交う不穏に怯えたりしますよね。そういうものです。

やってると面白い

ただ、ずっとやっていると、色々人と交流して、あれこれ教えてもらえたりします。
その結果、ようやく敵を倒せるようになったり、なんとなく流れがつかめたりします。
そうなってくると、面白さがわかってくる感じです。

マストドンで言えば、フォローしたりされたり、LTLで交流したりしていると、徐々に全体像がつかめてきます。
全員をただひたすらにお気に入りにしていっているのは神埼おにいさんというヤバい素晴らしい人で、よく不穏をぶん投げてるのはこの人で、みたいなことがわかってくると、結構面白かったりしますよね。それと同じです。

まとめ

マストドンで、数トゥートしたあと「つまんねえから鳥に帰るわ」って更新を止めてしまう人がイますが、それって結構もったいないですよね。
アレコレやってみた結果つまんなかったのは仕方がないと思いますが、面白さを知るという意味では、せっかく登録したんだからあれこれやってみればいいと思うんですね。

League of Legendも同じです。煽られたり怒られたり殺されたり通報されたりしますが、やってれば面白さがわかってきます。

まとめると

上記で解説してきたとおり、League of Legendとマストドンは非常に親和性が高く、源流が同じところにあるのではないかという意見が学会で主流になりつつあります。
これまで主流であった「League of Legendとマストドンの起源に関連性はない」という意見を押しのける形で、2017年に提唱された本説がデファクトスタンダードとなりつつある状況です。

最後に

本当にとりとめのない文章になってしまったのですが、とりあえずこれで終わります。
皆さんLoLやってみてね。

SNSでもご購読できます。